研究室概要

研究の関心とアプローチ

「知」の中身 私たちの研究室では,人の「知」のあり方に着目し,人の認知的コミュニケーションの解析とインタラクション構造の解明および人に親和的な情報システムの開発を目指した研究を行っています.

この研究は,次のような研究領域として位置づけられており,本研究室ではそれぞれの領域において卓越した成果を人の認知プロセスに対する洞察に基づくオリジナリティ溢れるアプローチから産み出しています.


  • 人―エージェント(ロボット)間における相互行為系に関する基礎研究
    (Human-Agent Interaction Studies)

  • 他者の意図認知のための身体的インタラクションに関する基礎研究
    (Human Communication Studies)

  • 多人数対話における視線と発話タイミングに関する応用研究/自然な環境共有を実現するメディアコミュニケーションシステムの開発
    (Real World Oriented Media Design)

これらの研究を通して得られた知見や成果物は,認知科学や人工知能,ヒューマンインタフェースなどの分野におけるさまざまな研究課題の解決に寄与するとともに,最終的には『私たち人が “人らしく”生きることとはどういうことなのか』という問題に対する一筋の光明を見出す糸口になるのではないかと考えています.

テクノロジーの発展は今後ますます加速していくと予想される一方で,その発展の速さに比べれば人の認知能力・身体能力の進化は止まっているといっても過言ではありません.このような急速な変化の中で,『人が“人らしく”生きる』ためには,テクノロジーと人との関係をしっかりと理解し,この関係を適切にデザインしていく必要があるはずです.

竹内研究室(認知的コミュニケーション研究室)では,人につねに焦点を合わせて人とテクノロジーとの関係に注目し,人の「知」をテクノロジーによってより豊かにすることを通して『人が“人らしく”生きる』ことを希求していきます.

現在進行中の主な研究プロジェクト

認知的インタラクションデザイン学

この研究プロジェクトは,文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究(領域提案型)の平成26〜30年度採択課題「認知的インタラクションデザイン学 〜意思疎通のモデル的理解と人工物設計への応用〜」26118001)の研究計画A01班の取り組み「成人間インタラクションの認知科学的分析とモデル化」26118002)の一環として行われています.私たちは特に,原初的なインタラクションによる当事者間の関係性の分析とモデル化をHuman-Agent Interaction (HAI)および意図認知・他者認知の観点から取り組んでいます.この新学術領域は次世代の人工知能研究および認知科学研究を牽引することが期待されており,世界へ日本から発信を積極的に行っている注目の研究プロジェクトです.現在,認知的コミュニケーション研究室(竹内研究室)で取り組まれている多くの研究が,この研究プロジェクトに貢献しています.

エージェントを介した学習インタラクションの活性化

この研究プロジェクトは,日本学術振興会科学研究費補助金挑戦的萌芽研究の平成27〜29年度採択課題「承認欲求をトリガーとした学習インタラクションの活性化」(15K12410)の支援を受け実施されているものです.現在,この研究プロジェクトでは,この学習環境をエージェントを介したインタラクションの場として実装中で,近日中に実験を行う予定です.

感性による疾走の熟達と言語化

この研究プロジェクトは,日本学術振興会科学研究費補助金挑戦的萌芽研究の平成28〜30年度採択課題「感性による疾走の熟達と言語化」(16K12986)の支援を受けて実施しているものです.この研究成果の一部は,地域貢献活動として2016年8月4日に「スピードアップ教室」を通して一般のみなさまに還元する予定です.

おしらせ

  • 博士課程の坂本孝丈君が12月に英国Southamptonで開催されるInternational Confrence on HAI 2018の口頭発表に採択されました.
  • 遠山紗矢香先生(助教)が日本認知科学会第36回大会において奨励論文賞(2017年度発行の学術論文誌「認知科学」に掲載された論文の中から選考される)を受賞されました.
    「協調的問題解決能力をいかに評価するか〜協調問題解決過程の対話データを用いた横断分析〜」(認知科学, Vol.24, No.4)